沿革

1594(文禄三年) 太閤検地帳に賦課免除記載 京都・三哲・福専寺門徒惣道場
1665(寛文五年) 本願寺木佛許可
1670(寛文十年) 本願寺木佛拝受 西教寺と公称
1673(延宝元年) 本堂建立
1698(元禄十一年) 南王子町の移転に伴い、当地に移転・移築
1750(寛延三年) 寛延本堂再建
1806(文化三年) 文化大修理斧立
1808(文化五年) 文化大修理竣工
1827(文政十年) 文政の修理
1860(萬延元年) 桜田門外の変
1866(慶応二年) 京都・三哲・福専寺より本願寺直末寺に
1923(大正十二年) 南王子村水平社創立総会会場
2012(平成二十四年) 平成大修理着工

西教寺と桜田門外の変

桜田門外の変で井伊大老に切りつけた水戸浪士の一人が、江戸から遠く離れたここ和泉の西教寺でかくまわれ、地域の子ども達のために寺小屋の先生をしていたと伝えられています。
明治維新後の明治6年(1873)には、現在の和泉市立幸小学校の前身である第九七番小学校仮校舎が西教寺内に設けられました。

桜田門外の変

西教寺と桜田門外の変

創立については、泉井上神社文書の「元禄拾一年泉州泉郡/南郡 御領分自社改帳」(『和泉市史第二巻』)に、

一、一向宗 本寺京都西本願寺同寺内/福泉寺下 南王子村西教寺當住
      開基時代不知
  境内 平地 除地 此坪数三拾六坪
右西教寺儀此村年寄之者共ニ相尋候ヘハ年寄候者共申候ハ、文禄三年御検地之節モ除地ニ而御座候、則代々此村之者共旦那寺ニ而古寺粉紛無御座候ト申シ候、此度遂吟味候處ニ、古来ヨリ有来候ニ紛無之候故、證文取置書付差上ヶ申候

とあり、文禄三年(1594)以前に遡るという。寛文四年(1665)木沸免許、同一〇年(1670)から西教寺の寺号を公称した。西教寺公称前は、京都・三哲の「福専寺門徒和泉國和泉郡王子村惣道場」と呼ばれていた。しかし、寺伝では延宝元年(1673)の創建という。この点は木沸免許・西教寺公称と矛盾することになるので、延宝元年に、寺院として本堂が建立されたことを指すものと思われる。その後、元禄六年に三朝高僧像、上宮太子尊形、宝暦五年には前住湛如御影を授受している。
当時はもと信太山谷之落合筋(ときひら)に在ったが、元禄一一年(1698)の南王子村の人々の屋敷地移転とともに、寺も現在地に移転・移築した(『和泉市史第二巻』)。さらに文化七年(1810)に表門・太鼓楼・庫裡・経蔵・脇門・鐘楼・式台玄門が整えられ、現在の境内には、本堂・表門・脇門・鐘楼・太鼓楼・式台玄関の近世建築が残されており、広い境内地を有している。先の元禄拾一年「寺社改帳」にみえる境内地は三拾六坪とあるので、移転前のものと思われる。
現本堂は、文化五年(1808)に再建されたものである。

西教寺と桜田門外の変

名称 阿耨山 西教寺
宗派 浄土真宗 本願寺派
本山 龍谷山 本願寺(西本願寺)
所属 大阪教区 三郡組
所在地 大阪府和泉市幸2丁目8-22
住職 浅井 了明